引越し決定。まずはじめに。

転勤がきまった。引越し準備でまずはじめにするこをリスト化しておくことが必要です。
引越し日が完全に決まっていなくても、事前に準備できることは多くあります。
引越し当日になって大変な目にあわないためにも、
引越しの準備リストを作っておくと安心です。

▼引っ越し準備チェックリスト▼
引越しがすぐに終わったらやること
現在の賃貸物件の解約 大家さんか管理会社に電話をする
粗大ごみの処分 市町村村役所に連絡をする
子供の転校届け すぐに担任の先生に知らせる
在学証明書・教科書図書給与証明書を受け取る
箱づめ作業 引越し業者からダンボールをもらったら
使わないものからすこしづつ開始しましょう。
 2週間前までにやること
郵便物に転居届 郵便局の窓口においてあります。記入して投函しましょう。
定期購入物の住所変更届 雑誌や牛乳など定期購入していませんか。
NHK受信料の住所変更届 NHKのフリーダイアルに電話すればOK。
 1週間前までにやること
電気 電力会社に清算手続き
ガス ガス会社に電話して立会い日の調整
水道 各営業所・支所に電話しましょう。
転居届 市区町村役場に転出証明書の発行手続き(印鑑持参)
 引越し当日にやること
敷金の返却立会い デジカメ・録音機準備。(法的な証拠を記録)
挨拶 旧居や新居の周りの方に
ガスの立会い 旧居と新居、かぎの返却と受け取り
 引越し後2週間以内にやること
転入届け 14日以内に転出証明書と印鑑を持参して市区町村役所へいきましょう。
公共料金引き落とし手続き 自動引き落としはクレジットカード払いにまとめて、ポイントを有効活用しましょう。
車・バイクの登録変更 地域の陸印支局へ。車検証・車庫証明・住民票・印鑑が必要。
運転免許書の住所変更 最寄の警察署交通課へ。他の都道府県からの引越しの場合には住民票と写真1枚も持参
子供の転校手続き 新しく入学する学校へ在学証明書・教科書用図書給付証明書を提出します。
私立によっては手続きが違うので要確認。


まず、重要なことは現在賃貸に住んでいるならば、賃貸物件の解約手続きです。
大家さんとスムーズに解約するためにも、もっとも重要なポイントです。

また、新居の間取りや家具を揃える人が多いですが、
それよりも、現在の住まいでの片付け作業を優先しましょう。
空いた時間をみつけてコツコツと荷造りをしてしまいましょう。

引越し業者の予約も早期予約だったら割引がある業者もあります。

業者に頼まずに自分で引越しをする人は軽トラックなどレンタカー予約も必要です。

引越しの準備を早めにすることにより、
ココロに余裕が生まれて、新居の新しい家電の激安を見つける余裕ができたり、
インテリアにもこだわる時間をとることができます。

引越しのトラブルを防ぐためにも、早めの準備が必要なのです。


引越し費用を安くするには?

引越し見積もり
引越し費用【最大5割引】詳細はコチラ ←クリック!

  • 敷金と礼金なし物件

    最近では敷金礼金なしの物件もたくさんあります。 実は、敷金礼金に法的な根拠はまったくありません。 敷金礼金無料の物件は長い間、空室で困っている物件に多いようです...

  • アパートの引渡しの立会い

    引越し先の物件が決まって旧居の引渡しをするのに大事なポイントがあります。 それは、引渡しの立会いです。 いくら準備や手続きが忙しくても、 引渡しの立会いは敷金の...

  • 賃貸物件の解約

    新しい引越し先と引越し日がきまったら、 今借りている物件の管理会社か大家さんに連絡をします。 注意が必要なのは解約の時期です。 急な引越しでは解約ができないケー...

  • 賃貸マンションのセキュリティの押さえたいポイント

    特に女性の一人暮らしをするならば、 賃貸物件の防犯対策もチェックしましょう。 具体的には外から進入されにくい部屋であるか、 たとえ、1階ではないからといっても木...

  • 賃貸物件の契約の注意点

    ピンときた物件が見つかった! いよいよ契約! という段階に入りそうな前に注意点があります。 近年ではネットで物件の画像も豊富に公開されていますが、 契約する前に...